盛岡―八戸の利用率、回復傾向 東北新幹線、コロナ落ち着き影響

年末年始の利用者増に期待する久保公人支社長=2日、青森市
年末年始の利用者増に期待する久保公人支社長=2日、青森市
JR東日本盛岡支社の久保公人支社長は2日、青森市で定例会見を開き、新型コロナウイルスの感染状況の落ち着きに伴い、11月後半の東北新幹線盛岡―八戸間の利用者数が、コロナ流行前の2019年と比べて7割程度に回復したと明らかにした。 19年と比較.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録