Free清水寺観音堂の屋根ふき替え完了/八戸

約40年ぶりに新しいかやぶき屋根にふき替えられた清水寺観音堂=22日、八戸市
約40年ぶりに新しいかやぶき屋根にふき替えられた清水寺観音堂=22日、八戸市

約40年ぶりに行われていた八戸市是川の清水寺(せいすいじ)観音堂の屋根ふき替え工事が完了し、新しいかやぶき屋根の美しい姿が来訪者の目を引いている。

 観音堂は1581年に建立された青森県内最古の木造建築で、国重要文化財に指定。禅宗様の中世的仏堂で、東北地方北部の貴重な遺構として知られる。

 前回(1981~83年度)の解体復元工事の際に、昭和初期の改築で鉄板にした屋根の素材を建立当時のカヤに戻した。 今回の工事は国の補助事業で、2020年4月から今年10月末まで実施。総事業費は3534万円。

 清水寺の野沢秀明住職(65)は22日の取材に対し、「職人による匠の技できれいな状態に戻り、無事に工事を終えて一安心している。観音堂の外観は自由に見学できるので、多くの人に見てもらい、地域を盛り上げていきたい」と語った。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録