【新型コロナ】独自宣言「一定の効果あった」 岩手県が第5波総括

岩手県は22日、県庁で新型コロナウイルス対策本部員会議(本部長・達増拓也知事)を開き、今夏の第5波で県独自の緊急事態宣言を出した一連の対応について、「感染拡大の抑制に一定の効果があった」と総括した。一方、8月上旬に県外由来の感染が多く確認さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録