62日間航海、たくましく成長 八水高実習船「青森丸」が帰港

帰港式で敬礼する八戸水産高の実習生ら
帰港式で敬礼する八戸水産高の実習生ら
青森県立八戸水産高(福嶋信校長)の実習船「青森丸」(660トン)が15日、ハワイ北西部の太平洋で62日間に及んだマグロはえ縄漁を終えて八戸港に戻った。長期航海を経験した生徒らが同港館鼻岸壁で開かれた帰港式に臨み、家族らに成長した姿を披露した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録