現場運用に課題抱え導入へ コロナ下の行動制限緩和案

 運用上の課題
 運用上の課題
新型コロナウイルスのワクチン普及を受けた行動制限緩和案が固まり、接種済証を活用できる場面などの具体策が示された。政府は各地での実証実験では大きな混乱はなかったとするが、現場での運用には課題も指摘される。感染「第6波」が到来し、制限を強める事.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録