【瀬戸内寂聴さん死去】人々に生きる勇気と励まし 真っすぐに、情熱的に

 得度を受ける瀬戸内晴美(現・寂聴)さん(左)=1973年11月、岩手県平泉町の中尊寺
 得度を受ける瀬戸内晴美(現・寂聴)さん(左)=1973年11月、岩手県平泉町の中尊寺
死去した瀬戸内寂聴さんは、世評にとらわれずに信念を貫き、常に前向きだった。真っすぐで情熱的な生き方は、多くの人々に勇気と励ましを与えた。 20代で夫と娘を捨て出奔。妻子ある男性との同居、年下の男性との出会いと別れ。愛の遍歴は「夏の終り」など.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録