立派なゴボウに喜び 六戸・開知小児童が収穫作業

大きく育ったゴボウを持って喜ぶ児童
大きく育ったゴボウを持って喜ぶ児童
六戸町立開知小(三上菜穂子校長)の3、4年生30人が4日、学校近くの畑でゴボウの収穫作業を体験した。立派に育ったゴボウを土の中から引き抜き、地元の特産品に親しんだ。 体験学習は、十和田市で地方卸売市場を運営する十和田青果(坂田真也社長)の主.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録