陸自八戸、定員70人減員へ

東北防衛局は14日、陸上自衛隊八戸駐屯地が2022年度末に約70人の減員となる見通しを明らかにした。国の防衛大綱や中期防衛力整備計画に基づく措置で、南西地域の防衛体制を強化するためという。 同局によると、同駐屯地の第4地対艦ミサイル連隊に属.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録