政府は静観、与党に不満 財務次官寄稿に波紋 「ばらまき合戦」火種も

 矢野財務次官寄稿の主な内容
 矢野財務次官寄稿の主な内容
財務省の矢野康治事務次官が8日発売の月刊誌「文芸春秋」に寄稿し、最近の政策論争を「ばらまき合戦のようだ」と批判したことが議論を呼び起こしている。衆院選を前に事業者支援や給付金支給を掲げる与党の一部から不満の声が上がる一方、経済界には擁護する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録