郷土、国民のためやり抜けた 大島衆院議長一問一答 今後は主権者として貢献

13日のインタビューに応じた大島理森衆院議長との主なやりとりは次の通り。  ◇      ◇ ―議員生活を振り返った所感は。 皆さまのご支援、時に叱声(しつせい)も頂戴しながら今日までやり抜けた。昭和、平成、令和と時代の変遷を感じつつ、最後.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録