【評伝】「落語とは」生涯問い続け/柳家小三治さん

 2014年7月、人間国宝に認定されインタビューに応じる柳家小三治さん
 2014年7月、人間国宝に認定されインタビューに応じる柳家小三治さん
7日死去した落語家の柳家小三治さんは、落語とは何か、面白いとはどういうことかを問い続ける生涯を送った。 ラジオの素人演芸番組に出ていた小三治さんは高校卒業後、五代目柳家小さんさんに入門し、頭角を現した。若き日、師匠から「おまえのはなしは面白.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録