豪州戦で森保監督進退も サッカーW杯最終予選

 サッカーW杯アジア最終予選(B組)
 サッカーW杯アジア最終予選(B組)
サッカー日本代表はワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で1勝2敗と黒星が先行する最悪の出だしとなった。7日に敵地ジッダでサウジアラビアに0―1で屈し、森保一監督(53)のチームづくりは問題が表面化。オーストラリア戦(12日・埼玉.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録