FreeUターン就職、どうサポート 本社で保護者向けセミナー

子どものUターン就職を望む保護者の役割などについて意見交換したセミナー=9日、デーリー東北新聞社
子どものUターン就職を望む保護者の役割などについて意見交換したセミナー=9日、デーリー東北新聞社

子どものUターン就職を希望する保護者向けセミナーが9日、八戸市のデーリー東北新聞社6階メディアホールで開かれた。参加者は、地元で活躍する経営者らの意見などを聞きながら、子どもとの関わり方やサポートの仕方を考えた。

 八戸商工会議所、八戸地区雇用対策協議会、市、デーリー東北新聞社が主催。オンラインも含め計23人が参加した。

 第1部では、八戸学院大学長補佐の玉樹真一郎氏が自身の経験を踏まえてUターンについて解説。「収入が下がるなど困難は少なくない。子どもが置かれている状況に共感し、親子間でコミュニケーションを取ることが大切だ」と訴えた。

 第2部のトークセッションでは、市内企業の経営幹部らが保護者の就職支援について意見交換。働き方が多様していることに触れながら、「『こんな会社に入ってほしい』などという親の意見もあると思うが、子どもの気持ちを優先して」、「仕事以前に、Uターンをしてどういう生活を送りたいかが大事」など、それぞれの立場からアドバイスをした。

 同セミナーの詳報は26日付本紙に掲載予定。


………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録