【衆院選】立民と候補一本化「余地ない」/共産・高橋氏

次期衆院選に比例東北から立候補する共産党の高橋千鶴子衆院議員(62)は4日、選挙日程が想定されていたより1週間早まったことを受け、立憲民主党と候補者が競合する青森1、2区で一本化に向けた調整の余地はなくなったとの認識を示した。 共産は比例で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録