プーチン政権下で低い関心 フルシチョフ死後50年

 モスクワのノボデビチ墓地にあるフルシチョフの墓=9月11日(共同)
 モスクワのノボデビチ墓地にあるフルシチョフの墓=9月11日(共同)
第2次大戦後のソ連で独裁者スターリンを公式に批判し、文化芸術の自由を拡大した「雪解け」政策で知られるニキータ・フルシチョフ元共産党第1書記の死から今年で50年。ロシアで公式行事は一切なく関心は低かった。安定を優先するプーチン政権下で、大戦を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録