福島・大熊町が再エネ会社 脱炭素へ、地元企業と設立

 福島県大熊町役場で開かれた「大熊るるるん電力」の設立式=28日午前
 福島県大熊町役場で開かれた「大熊るるるん電力」の設立式=28日午前
東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町は28日、再生可能エネルギー導入を進めるための新会社「大熊るるるん電力」を地元企業とともに設立した。原発事故で約8年の全町避難を強いられた町は、原発や化石燃料に頼らず、2040年度に二酸化炭素(CO.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録