【新型コロナ】ブレークスルー感染100人超 青森県内、高齢者施設など警戒感

寿楽荘では、家族の面会や嘱託医の往診はオンラインで実施し、外部からウイルスを持ち込まないための対策を徹底している=21日、八戸市 
寿楽荘では、家族の面会や嘱託医の往診はオンラインで実施し、外部からウイルスを持ち込まないための対策を徹底している=21日、八戸市 
青森県内で新型コロナウイルスワクチンを2回接種した後に感染する「ブレークスルー感染」の確認例が増加している。感染者は100人を超え、弘前保健所管内と青森市の高齢者施設、八戸市の医療機関では、ブレークスルー感染によるクラスター(感染者集団)も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録