Free女性の新しい生き方探る 奥入瀬サミット、25日オンライン開催

(左上から時計回りに)対馬ルリ子会長、日野佳恵子さん、小巻亜矢さん、高砂充希子さん
(左上から時計回りに)対馬ルリ子会長、日野佳恵子さん、小巻亜矢さん、高砂充希子さん

輝く女性のためのプレミアムセミナー「奥入瀬サミット2021」が25日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」によるオンラインで開催される。経済界注目の2人の女性経営者による講演や海外在住の日本人女性とのトークセッションを通じ、グローバルな視点でニューノーマル時代の新しい女性の生き方を探る。

 奥入瀬サミットは青森県主催で2012年にスタートし、今年で10回目。現在は民間団体「奥入瀬サミットの会」(対馬ルリ子会長)が運営している。当初は奥入瀬渓流を舞台に会場イベントとオンラインの2本立てで開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてオンラインのみとなった。

 講師は、女性視点のマーケティングを行うハー・ストーリィ代表取締役社長の日野佳恵子(かえこ)さんと、女性の社会活動に取り組むサンリオエンターテイメント代表取締役社長の小巻亜矢さん。それぞれ女性をめぐるコロナ禍後の消費動向や自己肯定感を高めるリテラシーをテーマに講演する。

 「オンライン女子会」と銘打ったトークセッションにはオーストラリア在住の留学コーディネーター秋元みどりさん、フランス在住の毎日新聞記者久野華代さん、米国サンフランシスコ在住の建築デザイナーで八戸市出身の高砂充希子さんが出演。「コロナ禍の世界は今」をテーマに現地リポートする。高砂さんは「ジェンダーや年齢などのしがらみにとらわれない豊かな未来を目指して、一緒にサミットを楽しみましょう」と話している。

 参加料は3千円(税込み)で、男性も参加できる。奥入瀬サミットの公式サイト(http://oirase-summit.com/)から申し込む。締め切りは24日正午。問い合わせはメールで奥入瀬サミット事務局(info@oirase-summit.com)まで。

お気に入り登録