下水道事業など2000万円徴収不能に 九戸村、損失計上の特別会計を継続審査へ

九戸村議会は17日の定例会閉会日の議案審議で、下水道事業と農業集落排水事業の2020年度特別会計決算について認定を見送り、継続審査とした。両事業の受益者分担金の未納分で、時効により徴収できない額が00~12年度分で計2054万円に上り、村は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録