元稀勢の荒磯部屋が初陣 時代に即した指導目指す

 荒磯部屋で初稽古をして記念撮影する師匠の荒磯親方(後列右)と弟子たち=8月、茨城県つくば市(日本相撲協会提供)
 荒磯部屋で初稽古をして記念撮影する師匠の荒磯親方(後列右)と弟子たち=8月、茨城県つくば市(日本相撲協会提供)
大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)が秋場所で新たな土俵人生を踏み出した。田子ノ浦部屋から独立し、8月1日付で創設した荒磯部屋の師匠としての初陣。10代の3人を含む4人の弟子らを率いる35歳の若き師匠は「いろいろと思うところがある。いよいよス.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録