田んぼダムで減災目指す 豪雨被災地の岡山・倉敷

 「田んぼダム」のイメージ
 「田んぼダム」のイメージ
岡山県倉敷市が2018年の西日本豪雨で多数の死者が出たのを機に、大雨時に水田に雨をためる「田んぼダム」の試験導入を進めている。減災に十分な効果が確認できれば、河川改修などハード面の対策のみに頼らない「流域治水」の一環として本格導入を目指す。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録