水上に浮く巨大太陽光発電 シンガポール、国土狭く苦肉の環境配慮

 テンゲ貯水池に敷き詰められた太陽光発電パネルの浮島=7月28日、シンガポール(共同)
 テンゲ貯水池に敷き詰められた太陽光発電パネルの浮島=7月28日、シンガポール(共同)
都市国家シンガポールが貯水池や領海など水上で巨大な太陽光発電システムの導入を進めている。国土が狭く設置場所が限られるが、環境重視の世界的潮流に歩調を合わせる。地理や自然の条件の制約上、風力や水力など他の再生可能エネルギーに頼れず、苦肉の策と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録