【八戸市長選】立民、対抗馬擁立に苦慮 好機の中、近づくリミット

2005年以降の八戸市長選を巡る立憲民主党の対応
2005年以降の八戸市長選を巡る立憲民主党の対応
任期満了に伴う八戸市長選(10月24日告示、同31日投開票)で、同市を地盤とする田名部匡代参院議員を中心とした立憲民主党の対応が焦点となっている。過去4選は自民党の推薦を受けた現職の小林眞氏(71)と、自民青森県議の熊谷雄一氏(58)が出馬.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録