米、混乱収拾に巨額資金 コロナ対応と重なる経済政策/9・11から20年

 経営破綻した格安百貨店センチュリー21の店舗=2020年9月、米ニューヨーク州(ゲッティ=共同)
 経営破綻した格安百貨店センチュリー21の店舗=2020年9月、米ニューヨーク州(ゲッティ=共同)
米国は2001年9月の中枢同時テロ後の経済危機で、政策を総動員し混乱収拾を図った。なりふり構わず巨額の資金を投じる姿は、昨年来の新型コロナウイルス禍への対応と重なる。感染力が強いデルタ株が猛威を振るう中、企業や庶民の暮らしを守る資金が株式市.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録