時評(9月4日)

米国が20年に及ぶアフガニスタン軍事介入に終止符を打ち、駐留部隊を完全撤退させた。だが撤退を巡る混乱は米国の「敗走」を強く印象付け、その威信は大きく傷つくことになった。 米国と国際社会はこの歴史的失敗をしっかり検証し、教訓を学び取らなければ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録