協議中の排出、渦巻く怒り/普天間飛行場の汚水

 在沖縄米軍の主な汚水流出・排出
 在沖縄米軍の主な汚水流出・排出
在沖縄米海兵隊が8月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に保管していた有機フッ素化合物を含む汚水を「処理した」として基地外に排出した。処分方法を巡り日米両政府でまだ協議段階の「不意打ち」に、日本側も止める手だてはなかった。「許せない」。怒り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録