復讐、増派、泥沼化… 米のアフガン戦略、ぶれ続けた20年

 米歴代4政権とアフガニスタン(写真はロイター、UPI、AP)
 米歴代4政権とアフガニスタン(写真はロイター、UPI、AP)
2001年の米中枢同時テロへの復讐(ふくしゅう)として始まったアフガニスタンでの「米史上最長の戦争」が幕を閉じた。テロを根絶し、民主主義を根付かせようとする当初の目的は挫折し、イスラム主義組織タリバンが復活。駐留米軍は増派を余儀なくされ、泥.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録