【東京パラ】引退危機から頂へ 日本最年長優勝の杉浦

 自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で金メダルを獲得した杉浦佳子。日本選手最年長での優勝を果たした=富士スピードウェイ
 自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で金メダルを獲得した杉浦佳子。日本選手最年長での優勝を果たした=富士スピードウェイ
自転車女子個人ロードタイムトライアルで「アラフィフの星」と呼ばれる杉浦佳子(50)=楽天ソシオビジネス=が日本勢最年長での頂に立った。昨年は体調面の懸念から引退も考えたが、息を荒らげながらも力強くペダルを踏み続け「ほっとしている。競技を続け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録