Free県境またぐ移動自粛を/東北・新潟共同メッセージ

新型コロナウイルスの第5波収束に向けて、東北6県と新潟県、仙台と新潟の政令指定都市2市は31日、県境をまたぐ移動の自粛や早期のワクチン接種を住民に求める共同メッセージを出した。

 メッセージでは、感染力の強いデルタ株によって災害級の感染状況に直面しているとして「医療体制が崩壊し、救える命も救えなくなる危険性がある」と指摘している。

 その上で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の適用期間中は、県境をまたぐ不要不急の移動を控えることを要請。やむを得ず移動する場合は事前のPCR検査を勧めた。

 また、ワクチンの重症化予防効果が明らかになっていることから早期接種を求めた。接種が完了しても感染リスクはあるとし、手洗いや消毒、3密回避といった基本的対策の徹底を呼び掛けた。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録