「幻の魚」イトウ大量死 酸欠死の可能性高く/北海道

 北海道猿払村の猿払川水系で見つかったイトウの死骸(黒田充樹さん提供)
 北海道猿払村の猿払川水系で見つかったイトウの死骸(黒田充樹さん提供)
北海道北部の宗谷地方の河川で今夏、「幻の魚」とも呼ばれる絶滅危惧種の大型魚イトウの死骸が多数見つかっている。専門家によると、記録的な暑さによる水温上昇と雨不足に伴う渇水で、酸欠死した可能性が高い。地元保護団体も川の水位が平年並みに戻るまで釣.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録