東京パラの機運醸成 三沢市内の小中学校にボッチャ用具

ボッチャを楽しむ児童
ボッチャを楽しむ児童
東京パラリンピックが開幕した24日、先導的共生社会ホストタウンに認められている三沢市で、大会の機運醸成を図る取り組みが行われた。市立三川目小(小泉仁一校長)では、市共生社会ホストタウン推進実行委員会(委員長・米田光一郎副市長)から、実施競技.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録