ハエの細胞、軟らかく丈夫 狭い体内でも盛んに循環

 ショウジョウバエ(梅田真郷京都大名誉教授提供)
 ショウジョウバエ(梅田真郷京都大名誉教授提供)
体長約3ミリと小さなショウジョウバエの細胞は、人間など哺乳類のものと比べてはるかに軟らかく丈夫であることが、理化学研究所の塩見晃史特別研究員や京都大の梅田真郷名誉教授らの研究で24日までに分かった。成果は米科学誌セル・リポーツに掲載された。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録