秋場所へ合同稽古開始 正代ら参加、両横綱不在

 合同稽古で相撲を取る高安(左)と正代=両国国技館の相撲教習所(代表撮影)
 合同稽古で相撲を取る高安(左)と正代=両国国技館の相撲教習所(代表撮影)
大相撲秋場所(9月12日初日・両国国技館)に向けた合同稽古が23日、国技館内の相撲教習所で始まり、大関正代や高安、御嶽海の両関脇ら13人の関取が参加した。白鵬、照ノ富士の両横綱は不在だった。 正代は計18番取り、高安には3勝12敗と精彩を欠.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録