銭湯に広がる「コンブ湯」 脱炭素の活動支援

 コンブ湯を準備する柳沢幸彦さん(右)ら=6月19日、東京都豊島区の「妙法湯」
 コンブ湯を準備する柳沢幸彦さん(右)ら=6月19日、東京都豊島区の「妙法湯」
ゆず湯でも、しょうぶ湯でもない「コンブ湯」を提供する銭湯が注目されている。仕掛け人は東京都内の銭湯経営者ら。環境保護団体が二酸化炭素(CO2)の吸収源として養殖しているコンブを買い取っており、物珍しさだけでなく活動支援にもなっているのが特徴.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録