【新型コロナ】臨時医療施設の整備急ぐ 西村担当相、自治体と連携

西村康稔経済再生担当相は22日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染者急増を巡り、体育館など広い場所を臨時の医療施設として整備したり、酸素投与が必要な患者に自宅で酸素濃縮機を使ってもらったりする対策について「必要になっているので、自治体と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録