【コロナ新治療法】抗体カクテル、普及に課題 首相期待も使用には制約

 「抗体カクテル療法」のイメージ
 「抗体カクテル療法」のイメージ
新型コロナウイルス感染症の新しい治療法である「抗体カクテル療法」。菅義偉首相が「重症化リスクを減らす画期的なツールだ」と紹介するなど期待も大きいが、薬剤の供給量が限られることや、使用後は医療機関での経過観察が必要といった制約も。感染拡大で病.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録