【県内大雨被災】土砂流入で深い爪痕 風間浦、住民の疲労色濃く

大雨で床上・床下浸水が相次いだ風間浦村下風呂地区の畑尻集落で、被害状況などを調査する県職員と村職員。海側には土砂で流された乗用車も見える=20日
大雨で床上・床下浸水が相次いだ風間浦村下風呂地区の畑尻集落で、被害状況などを調査する県職員と村職員。海側には土砂で流された乗用車も見える=20日
下北地方に大きな被害をもたらした大雨。国道279号は複数箇所が寸断され、風間浦村下風呂地区の住民は孤立状態を強いられた。平年の8月の総雨量を超える、24時間降水量が368ミリとなった同地区は、土砂流入で損壊した建物など爪痕が生々しく残る。今.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録