出所不明のつぼ、投書で歴史に光 ハンセン病元患者の寄贈と判明/鳥取

 つぼのお披露目式に出席する荒井玲子さん(右)と鳥取県の平井伸治知事=4日、鳥取県庁
 つぼのお披露目式に出席する荒井玲子さん(右)と鳥取県の平井伸治知事=4日、鳥取県庁
鳥取県庁の知事応接室の隅にあったつぼが、今月から1階の県民室で展示されている。職員もいわれを知らないまま置かれていたが、地元紙への1通の投書によって、約25年前にハンセン病の元患者の女性が作り寄贈したものと判明した。県は管理の落ち度を認め、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録