「海の日」7月20日固定を主張 自民保守系らに同調論

東京五輪のため特例で日程をずらした「海の日」を巡り、自民党内で元々の7月20日固定を求める主張が再浮上している。明治天皇にちなむ日付のため、保守系を中心に同調論がある。ただ観光振興を重視する議員らは、3連休となる7月第3月曜が国民に定着して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録