東・北日本は10日にかけて大荒れ 温帯低気圧が日本海を北上

台風9号は9日午前5時すぎ、瀬戸内海から広島県呉市付近に再上陸した後、同9時に岡山県で温帯低気圧に変わった。日本海側を北東に進むため、東・北日本は10日にかけて、大荒れの天気になりそうだ。気象庁は大雨による土砂災害、高潮や河川の増水や氾濫、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録