【バスケットボール】主将の高田「うれしい」 女子、史上初の銀メダル

 撮影に応じる(左から)長岡萌映子、トム・ホーバス監督、三好南穂、高田真希、本橋菜子、町田瑠唯、東藤なな子、林咲希、馬瓜エブリン、宮沢夕貴、宮崎早織、赤穂ひまわり、オコエ桃仁花=9日、東京都内(代表撮影)
 撮影に応じる(左から)長岡萌映子、トム・ホーバス監督、三好南穂、高田真希、本橋菜子、町田瑠唯、東藤なな子、林咲希、馬瓜エブリン、宮沢夕貴、宮崎早織、赤穂ひまわり、オコエ桃仁花=9日、東京都内(代表撮影)
東京五輪のバスケットボール女子で初の表彰台となる銀メダルを獲得した日本代表が9日、東京都内で記者会見し、主将の高田真希(デンソー)は「金メダルを目標にやってきたので悔しい気持ちもあるが、うれしい」と充実感をにじませた。 日本は平均身長が参加.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録