【野球】稲葉監督、信頼で紡いだ金 チームまとめた“お兄さん”

 記念撮影の前に、菊池涼から金メダルをかけてもらう稲葉監督(中央)。後列は左から田中将、山本、伊藤、森下=横浜スタジアム
 記念撮影の前に、菊池涼から金メダルをかけてもらう稲葉監督(中央)。後列は左から田中将、山本、伊藤、森下=横浜スタジアム
野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(49)は試合後の表彰式で互いに金メダルを掛け合うナインに拍手を送った。セレモニー終了後、菊池涼介内野手(広島)から金メダルを首に掛けられると満面の笑みを浮かべた。 選手との厚い信頼が、日本球界の悲願.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録