緑のトンネルばっさり 十和田八幡平国立公園の保護地域

道路脇の樹木の枝が切られ、緑のトンネルが消えた路線=5日、青森市の大崩沢付近(久末正明さん提供)
道路脇の樹木の枝が切られ、緑のトンネルが消えた路線=5日、青森市の大崩沢付近(久末正明さん提供)
十和田八幡平国立公園の第2種特別地域に指定されている県道青森田代十和田線で樹木の枝が払われ、一部で緑のトンネルがなくなっていることが6日、分かった。伐採は、七戸町と十和田市での「JRE七戸十和田風力発電所」の整備に伴い、長さ58・5メートル.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録