【新型コロナ】ワクチン3回目接種検討 政府、変異株を懸念

 来年のワクチン確保の見通し
 来年のワクチン確保の見通し
政府は6日、新型コロナウイルスワクチンについて、2回目の接種を終えた人に対し2022年に3回目の接種をする検討を始めた。時間の経過に伴いワクチンの効果が低下する可能性が指摘されることや、感染力が強い変異株への対応を念頭に置く。既にメーカーと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録