Free自分でプログラミング「ドローン飛んだ!」 三沢で学習会

ドローンを手のひらに乗せようと操作する参加者
ドローンを手のひらに乗せようと操作する参加者

日本ドローン活用推進機構(青森市、川村智代表理事)はこのほど、三沢市公会堂で、小型無人機ドローンを活用した体験型プログラミング学習会を開催した。市内外から参加した11人が、ドローンの操作を通じて、意図した動きになるように動作を組むプログラミングについて理解を深めた。

 学習会は、むつ小川原地域・産業振興財団の支援を受け実施。昨年度より小学校でプログラミング教育が必修化となったことから、同機構は青森県内の小学校や県内各地で、ドローンを使った体験型の学習会を開いている。

 同機構の石岡有佳子さんがドローンやプログラミングについて説明したあと、参加者たちはタブレット端末を使い、手のひらサイズのトイドローンの操縦に挑戦した。参加者は、動かす方向と距離をタブレットで入力。指示を受けたドローンは羽音を響かせながら室内を飛んだ。

 家族で参加した市立上久保小5年の及川遙翔(はると)君(10)は「自分がプログラミングした通りに動いて楽しかった」、妹の1年綾菜さん(6)は「少し怖かったが、手のひらに乗ったときはうれしかった」とそれぞれ笑顔を見せた。

お気に入り登録