Freeユニバース、県共同募金会に109万円寄付 サントリーフーズとの共同企画

元木篤子会長(右)に目録を手渡す川野泉常務
元木篤子会長(右)に目録を手渡す川野泉常務

スーパーのユニバース(八戸市、三浦建彦社長)は7月28日、サントリーフーズ(東京)との共同企画「あったかあおもりプロジェクト」で集めた109万3552円を、青森県共同募金会(元木篤子会長)に寄付した。

 企画は今年で7年目。ユニバースの県内37店舗で5、6月の2カ月間にわたって実施した。対象となるサントリーフーズの飲料品を来店客が購入すると、1本につき2円が寄付される仕組み。今年は目標に設定した50万本を上回る54万6776本を販売し、寄付額は過去最高となった。

 ユニバース本部で行われた贈呈式では、同社の川野泉常務が元木会長に目録を手渡し、「誰でも多くの方が貢献できるプロジェクト。ユニバースの店頭に来てくれるお客さまに心から感謝したい」とあいさつした。元木会長は「地域福祉の推進のために役立たせていただく」とお礼を述べた。

お気に入り登録