種市中生が塩うに作り 漁業者への関心深める

塩うに作りなどを通して漁師への感謝や関心を深めた
塩うに作りなどを通して漁師への感謝や関心を深めた
洋野町立種市中(松岡聡校長)の1年生48人が7月25~27日、同町宿戸漁港などで漁業体験学習に取り組んだ。生徒自身がウニを採り、塩うにの商品加工に携わることで、地元産業を支える漁師への感謝や関心を深めた。 漁業について学び、勤労意識や郷土愛.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録