【旧優生保護法巡る裁判】問われる暗部、強制不妊 五輪で世界の目集まる中

障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)を巡る国家賠償請求訴訟の6件目の判決が8月3日、神戸地裁で言い渡される。「最悪の人権侵害」と言われる国策の暗部。東京五輪の最中、パラリンピックも控え国際的な視線が日本に集まる中、再び.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録