天鐘(8月1日)

手に汗を握ったソフトボールの決勝戦。金メダルの原動力になったのは、やはりエース・上野由岐子投手の力投だろう。下手(したて)から繰り出す快速球は、まさに「一球入魂」の迫力があった▼連日、五輪の熱戦を伝える本紙。そのスポーツ面以外にも「一球入魂.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録