学級維持の基準緩和を要望 大間高存続で下北3町村

和嶋延寿教育長(右)に要望書を提出する(左から)冨岡宏村長、野﨑尚文町長、樋口秀視村長=30日、青森県庁
和嶋延寿教育長(右)に要望書を提出する(左から)冨岡宏村長、野﨑尚文町長、樋口秀視村長=30日、青森県庁
大間、風間浦、佐井の3町村の首長らは30日、青森県立大間高について、通学環境に配慮して存続させる「地域校」に課す学級維持の基準緩和などを県教委に要望した。 大間高は県立高校再編第1期実施計画(2018~22年度)で2学級規模の地域校に指定さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録